ハロウィン今年はどうする?シックなリースで大人な楽しみ方のすすめ

pumpkin-2327488_1920
ハロウィン

シルバーウィーク真っ最中ですがこれが終わるとすぐに秋本番!イベントの季節がやってきます。

これからお店や街はハロウィンの飾り付けが始まります。

仮装イベントとして定着した感があるハロウィンですが、今年は季節を楽しむ大人のハロウィンの楽しみ方があってもいいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

【ハロウィンとは】

ハロウィンは、毎年10月31日の晩に行われます。日本のお盆にあたる「万聖節」、その前夜祭のイベントのことです。ヨーロッパを起源とする民族行事でした。

現在は色々な国でお祝いされていますが、もともとはケルト人の行事で、ケルト人の1年の終わりが10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。そのため身を守るために仮面を被ったり、子供たちが精霊やお化けに変装してお菓子をおねだりするイベントとなっていったようです。

【ハロウィン基礎用語】

知っているようで実は知らないハロウィンに関係する基礎用語

  • トリック・オア・トリート : 「Trick or treat. 」ご馳走をくれないと悪戯するよ。というハロウィンの決まり台詞です。海外ではお菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよいことになっているようです。本来は「魂のケーキ」というものをもらい歩く行事だったものが変化して、現在は子供たちがその精霊やお化けに変装してお菓子をおねだりするイベントへと変化したものです。
  • ジャック・オー・ランタン : 「Jack-o’-lantern」ハロウィンに飾るかぼちゃを使ったシンボルです。お化けカボチャ、カボチャちょうちんとも言います。オレンジ色のカボチャの中身をくり抜いて目や鼻や口の穴を開けて、内側からろうそくで照らしたものです。悪い霊を怖がらせて追い払うためにかぼちゃで怖い顔や滑稽な顔を作り、家の戸口の上り段に置かれます。魔よけですね。
  • ダック・アップル : 「Duck Apple 」は、海外のハロウィン・パーティーで余興に行われます。水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべて、手を使わずに口でくわえてとるゲームです。これは正直、知りませんでした。

なんでも取り入れて楽しみ上手な日本人!
今では、アニメのコスプレブームと相まってハロウィンはすっかりコスプレを楽しむ様相です。

いい年の私は、今年はちょっと大人な楽しみ方をしてみたいとネットを見ていると、大人でも季節感を楽しめるこんな素敵なリースを発見!

毎月変わる手作りキット3ヶ月おまとめ ドライフラワー、プリザーブドフラワーのリースやアレンジをキットでお届け。親切丁寧な写真付き解説書で、初めてでも簡単に世界に一つだけのオリジナル作品が完成します。

ハロウィンを季節感を楽しむものと考えると、大人でも装飾やインテリアをちょっとハロウィンカラーにしてみたり、ちょっとネイルをしてみたりと、暮らしを楽しむお祭りとして楽しんでみるのもありだな。と思えました。

さて、2015年ハロウィン、どう過ごしますか?

 
ハロウィンリースを探したいなら!【楽天市場】

ハロウィンの準備はやっぱりここから!【楽天市場ハロウィン特集】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
紹介CP

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。