手指が傷んで腫れてきた!ヘバーデン結節は神経ポイントマッサージがいいらしい

10秒神経マッサージ
関節の痛み

50歳を過ぎたあたりから、左手の人差し指の第一関節が腫れてきました。
不思議と痛みはそれほどなかったので、放置していました。すると最近だんだん曲がってきてしまいました。
ヘバーデン結節の指

新聞の一面の下の方にブック紹介欄がありますが、そこでふと見かけたのがヘバーデン結節なる言葉です。
その表紙の指の絵は私の指にそっくりでした。

ネットで検索してみると、原因不明で明確な治療法はないらしい。痛みが我慢できなくなったら外科手術。
どうしたものかと思っていると、amazon でヘバーデン結節外来を開業している専門医が考案した神経マッサージがあって、専用のマッサージ器具がついたブックレットの発売予定をみつけました。

とにかく試してみようと、予約注文しました。


スポンサーリンク

 

ゆび関節ローラーが届く

3月15日、ゆび関節ローラーが届きました。箱を開けてみるとゆび関節ローラーとマッサージのやり方を説明した冊子が入っていました。
ゆび関節ローラーと冊子

冊子には、表紙にのっている4種類(指は全部の指で1種類)の神経マッサージがコツが紹介されていました。

指や手にある神経ポイントをマッサージして痛みを軽減する。というもののようです。

具体的にはトングのような形をしたマッサージローラーで指や手のひらははさんで、手首は根本の方でコロコロするというものです。
 

10秒神経マッサージをやってみる

実際に10秒神経マッサージをやってみました。

指の関節

指の刺激するべき神経ポイントは第一関節、第2関節の側面にあり、ここをローラーでギュッとしごくように10秒刺激する。
順番は人差し指→中指→薬指→小指→親指の順番です。
痛みのある関節を重点的に刺激します。

問題の左手人差し指をコロコロしてみました
指マッサージ

なかなか気持ちいいです。曲がってしまった指は見た目ほど痛みはないので、しごくようにゴリゴリと刺激しました。
同じように中指から薬指、小指そして親指と両手行います。

手首(親指側)

手首の人差指と親指から手首に向かう静脈が手首のシワと交差する部分から3センチひじ方向にある神経ポイントを根本の方のローラーでぐりぐりと10秒刺激する

こんな感じ?
手首(親指側)

人差し指のつけ根

人差し指と親指のV字部分の奥、人差し指の骨の下側にある神経ポイントを10秒力を込めて刺激する。
指の股の奥にある「合告」というツボとは別の場所なので、間違わないようにする。
IMG_8204

この神経ポイントは最初とてもわかりにくかったです。
神経ポイントは刺激するとコリコリするというか、肩こりの痛いときのような感じがあるのですが、ローラーではさんでもなんだかよくわからない。親指で人差し指の骨の奥を触ってみるとわかりました。そのみつけたポイントをローラーでギュッとはさんで押し付けるような感じです。

手首(小指側)

手首の骨のでっぱりから4センチひじ方向の骨がゴリゴリする感覚の場所をローラーで刺激する。
手首(小指側)

この場所はすぐにわかりました。
確かにゴリゴリとした感覚があります。

<10秒神経マッサージの注意点>
時間は各神経ポイント1箇所につき10秒が基本で、長すぎるのは良くないようです。
タイミング的には朝と夜の1日2回です。

なかなか気持ちいいので長くやってしまいそうですが、逆効果になってはいけないので気をつけようと思います。

手指の痛みしびれの原因と対策

10秒神経マッサージで効果があるとされている手指の痛みやしびれの原因についても冊子で軽く触れられていました。
私の症状である、第一関節の痛み、変形、腫れは、ヘバーデン結節という病名になります。

ヘバーデン結節
ヘバーデン結節は、手指の第一関節に痛み、しびれ、腫れ、変形などが現れる病気です。300万人もの患者がいるにもかかわらず、原因はよくわかっていません。治療法も確立されておらず、医療機関を受診しても「治らない」と突き放されてしまうケースもあります。
 症状が進むと、指を動かして何かをしようとするたびに激痛が走るようになります。なかには仕事に支障をきたしたり家事ができなくなったりして、悩みを深めてしまう場合も少なくありません。患者の9割は女性。とりわけ、日頃から手仕事などで指を酷使している人に多い傾向があります。

出典:『手指の痛み。しびれが消える!10秒神経マッサージ』 富永喜代著

対策としては、マッサージとかテーピングなどのケアが中心です。
例えば、痛みが強いときは、

専用テープ

原因不明のヘバーデン結節についてもっと詳しく知りたい人は
富永先生の著書

マッサージ用ローラーと解説本

このローラーに似たものにフィンガーローラーといって、手指を酷使するボルダリングのプレーヤーたちの間で指のケア用品として使われているものがあります。こちらは指の上下をはさんでにコロコロするタイプのようです。指を細くしたい美容目的で使う人もいるようですね。
目的は違っても手指のケアということで、やることは同じなのかもしれません。

フィンガーローラー

ヘバーデン結節は、原因不明で治療法も確立されていない。
それなら、痛みの軽減にこのマッサージをやってみるしかない!

今よりも症状が進まないように、朝晩2回、マッサージを続けようと思います。

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
紹介CP

こちらの記事もお楽しみください

  1. この記事へのコメントはありません。