ネットで買った腕時計の板バネ式バンド調節に挑戦!

mens-2157350_640
便利グッズ

子どもが帰ってくるなり、腕時計が壊れた!
秒針が取れて、時計の中でコロコロと動いていました。

急だったので、買いに行くよりネットで解決することにしました。
amazon で、お手頃価格の時計をさがして注文して、次の日には手元に届きました。

しかし子どもが選んだのはこの時計、バンド調節が必要な時計です。

[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード MTP-1244D-8AJF メンズ

 

時計のメタルバンド調節に挑戦

バンド調節専用の工具は持っていなかったので、手持ちの工具を色々と使ってみました。
さすがに、女性の力ではなんともならなかったので作業は夫にお願いしました。

時計のバンドにもいくつかのタイプがあって、調節方法がそれぞれ違います。
この時計のバンドは板バネ式というタイプのようでした。
必要な工具はあまり多くないようだったので、自前で調節してみることにしました。

 

板バネ式の調節方法

板バネ式の調節方法を詳しく説明してくれていたサイトを発見して、そのとおりにやってみました。

ちにみに参考にさせて頂いたのはこのサイトです。かなり分かりやすかったです。

Cooの腕時計

手順は主にこんな感じになります。

  1. 時計の調節部のバネピンを外します。
  2. 時計のバンドの裏側を見て矢印を探す。
  3. 矢印の方向に板バネピンが抜けるので、その上方の穴の空いた部分に千枚通しのようなものを差し込んでピンを押し出します。
  4. 引っ掛けてあるコマを外します。
  5. 同様にして、必要な数のコマを外して長さを調節したら、抜いたピンを差し込みます。
  6. バネピンをもとどおりにはめて、輪にします。

このように書くと簡単なように見えますが、3番の穴の空いた部分に千枚通しのようなものを差し込んでピンを押し出すのが、一苦労でした。
手持ちの道具を色々と試して、最終的にうまくいったのが、コレ
ビーズ制作用の丸ペンチです。
IMG_4416

千枚通しよりも先が太く丸くなっているので、力がかかりやすく無事に板バネの頭が数ミリ出てきたところで、今度はビーズ制作用の平ペンチをつかって引き出しました。

矢印の反対側の穴を上に押し出して板バネの頭を出します。
IMG_4424

わかりやすく、外したコマで再現するとこうなります。
穴に千枚通しのようなものを入れてバネを引き出します。
IMG_4422

上に抜いていきます。
IMG_4418

完全に引き抜きます。
IMG_4419

板バネピンが抜けるとこのようにコマが外れます。
IMG_4423

 

 

時計のメタルバンド調節に使った道具

板バネタイプのバンド調整に使った道具です。丸ペンチは丸ヤットコともいうようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
紹介CP

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。