玄関ポーチの秋植え球根開花!原種チューリップはスプレー咲きだった

IMG_3325
ガーデニング

昨年11月に玄関ポーチの花壇に秋植え球根を植えて5ヶ月。
やっと球根たちが咲いてきました。

今年の冬はとても寒くて、玄関ポーチ花壇の他の植物は、弱ってしまったり枯れてしまったりしたので、ちょっと心配していました。
鈴蘭水仙(スノーフレーク)は、小さな鈴のような花をつけ、初めて植えた原種系チューリップの1種類はスプレー咲きでした。

今回は、玄関ポーチの秋植え球根の開花の様子を紹介します。

スポンサーリンク


玄関ポーチの花壇の秋植え球根開花の様子

秋植え球根は全部で5種類植えられています。

  • 鈴蘭水仙(スノーフレーク)
    IMG_1669
    開花の様子
    IMG_3331

    IMG_3330


  • ライラックワンダー(原種系チューリップ)
    IMG_1608
    開花の様子
    IMG_3333

    IMG_3348


  • リトルビューティー(原種系チューリップ)
    IMG_1617
    開花の様子
    IMG_3257

    IMG_3328


  • アリウム・コワニー
    IMG_1670
    開花の様子
    IMG_3352

  • ムスカリ
    IMG_3326

  • 黒いチューリップ
    IMG_3327
    何故か1本だけ黒いチューリップが混ざっていました。ムスカリを植えたときに混ざったらしいです。

玄関ポーチの花壇は冬の寒さが厳しくて弱った植物を入れ替えたので、球根たちが芽吹いて花を咲かせるまでは寂しい状態でした。球根たちは冬の寒さが厳しくても、ちゃんと芽吹いてきて花を咲かせてくれました。

原種系チューリップのリトルビューティーは、1つの枝に2~3個のつぼみをつけるスプレー咲きでした。背丈の低い原種系チューリップはひとつひとつの花も小さいですが、スプレー咲きだと花数が多くなって華やかです。

花壇のこのエリアは植えっぱなしでいこうと思います。球根たちが毎年少しずつ増えてくれるのを願ってます。

ただ秋植え球根は、秋から春までの間、地上部が何もなくなってさびしくなるので、その間をどうするかは思案のしどころです。



スポンサーリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク
紹介CP

こちらの記事もお楽しみください

  1. この記事へのコメントはありません。