【ハーブ栽培】ジャーマンカモミール成長記録〜種からつぼみまで〜

Jenő SzabóによるPixabayからの画像
ガーデニング

種から育ててきたジャーマンカモミールがすっかり大きくなりました。
3月に入ってからは、日に日に暖かくなっていくので生育も旺盛です。小さなつぼみも見えてきました。

小さな種から約5ヶ月と少し。
今回は今までのジャーマンカモミールの成長の様子を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

 

ジャーマンカモミールの生育の様子

秋の種まきからのジャーマンカモミールの成長の様子を紹介します。

  • 10/18(日) 種まき とても細かい種です
    IMG_9610
    ジフィーセブンという種まきグッズを使いました。
    IMG_9612
  •  

  • 10/22(木) 水耕栽培で余ったココナッツ繊維に追加で種をまきました。
    10/22
  •  

  • 10/31(土) 芽が出て育っていきます
    10/31 ジャーマンカモミール

    10/28 ジャーマンカモミール発芽

  •  

  • 11/2(月) トレイで育てていたジャーマンカモミールをそのまま植えられる連結エコポット「ジフィーストリップ」に移植しました。
    11/2 ジャーマンカモミール移植
  •  

  • 11/22(日) 育った小さな苗をポリポットに移植しました。
    11/22ジャーマンカモミール
  •  

  • 11/22(日) 一部の苗は布鉢に定植しました。こちらはこのまま咲かせる予定。
    11/22ジャーマンカモミール
  •  

  • 12/30(月) 夜は室内に入れて霜よけをしているので、順調に生育しています。
    12/30 ジャーマンカモミール1

    12/30 ジャーマンカモミール2

    12/30 ジャーマンカモミール3

  •  

  • 2/8(月) 冬の寒さにも負けずに成長中です。
    2/8 ジャーマンカモミール1

    2/8 ジャーマンカモミール2

  •  

  • 2/21(日) ポリポットに根がまわってきつそうになってきた苗を移植しました。霜よけカバーで屋外でも霜よけできます。
    2/21 ジャーマンカモミール植え付け3

    2/21 ジャーマンカモミール植え付け1

    2/21 ジャーマンカモミール植え付け2
    その他の苗はもう少し霜よけのため、ポリポット管理します。

  • 2/28(日) 残りの苗を鉢に定植しました。
    2/28 ジャーマンカモミール1

    2/28 ジャーマンカモミール2

  •  

  • 3/5(金) 鉢に植えきれずに残っていた苗を庭の花壇に植えました。
    3/5 ジャーマンカモミール1
  •  

  • 3/5(金) 先に鉢に定植していたジャーマンカモミールは、暖かくなってきたのでぐんぐん大きくなってきました。
    3/5 ジャーマンカモミール2
     
    3/5 ジャーマンカモミール3
     
    3/5 ジャーマンカモミール4
     
    3/5 ジャーマンカモミール5
  •  

  • 3/11(木) 最初のつぼみを発見しました。
    3/11 ジャーマンカモミール蕾
  •  

  • 3/24(水) 株が太くなり立ってきて、それぞれの枝につぼみをつけはじめました。株がたくさんあるので花芽を増やすための剪定「ピンチ」を試しに2箇所行ってみました。分枝して花芽が増えそうなら他の枝もピンチしようと思います。要観察ですね。
    3/24 ジャーマンカモミール 1
    3/24 ジャーマンカモミール ピンチ1

    3/24 ジャーマンカモミール 2
    3/24 ジャーマンカモミール ピンチ2

  •  

  • 3/24(水) 最初のつぼみの様子。つぼみがいくつもついていて、日に日に大きくなっています。最初の花が咲くのも目前?
    3/24 ジャーマンカモミール蕾

 

ジャーマンカモミールを種から育てた感想

本当に小さな種から、つぼみをつけるところまで育てることができました。
種まき初心者だったので、種まき用の便利グッズを使ったり、霜よけのため夜は毎晩室内に入れて温度管理しました。そのかいあってか24個の苗のうち、育たずにだめになった苗は1個だけでした。ガーデニング歴の長い夫にも「ホームセンターの苗に負けてないよ。売れそう。」とお褒めの言葉をいただいてホクホクしてしまいました。自分でも思ったよりも立派な苗がたくさん育ったので植える場所をどうするか迷ってしまう程でした。

ジャーマンカモミールは春蒔きもできる1年草なのでこれからが生育のピークになります。
1つの苗はどのくらい大きくなるのか?一株からどのくらいの花芽がつくのか?などこれからの楽しみはたくさんあります。

しかし一番楽しみにしているのが、開花3日後につんだ花を使ったフレッシュハーブティを飲むことです。カモミールのフレッシュティは自分で育てなければなかなか飲めるものではないので今から開花が待ち遠しいです。
「甘いりんごの香りが素晴らしいフレッシュハーブティ」が楽しみでなりません。

しっかりと根づいた苗は、後は開花を待つばかりです。花芽を増やすための剪定「ピンチ」をするかどうかは切った場所から脇芽がどんな感じで出てくるのかを見てやって行きたいと思っています。

コロナがきっかけでガーデニングを始めたけれど、楽しい趣味がひとつ増えてお家時間が豊かになりました。
コロナが収まったら、ガーデニング仲間が作れたらいいな。などと考えています。

 

ジャーマンカモミール関連過去記事



 

ジャーマンカモミールが開花して、最初のハーブティを楽しみました。

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
紹介CP

こちらの記事もお楽しみください

  1. この記事へのコメントはありません。