にんにくしょうがココナッツオイル氷をレシピに加えて夏バテ予防!

IMG_0554
ココナッツオイル

甘酒バージョンの普通のココナッツオイル氷はほんのり甘くて冷たくて、夏には本当に食べやすく、デザート感覚で子ども達も喜んで食べるものでした。
そして、夏バテして食欲のないときの栄養補給としても十分使えると思いました。

普段の食事に自然に取りいれてスタミナアップ!こんな使い方もあるんです。

「にんにくしょうがココナッツオイル氷」

エキストラバージンココナッツオイルににんにくとしょうがを一緒に加熱後、凍らせるだけ。
料理の味出しとして、炒め物に使ったり、スープに入れたり。作るのも、使うのも思ったよりも簡単です。作るたびににんにくやしょうがを切る手間が省けて一石二鳥。

作り置きできるエスニック料理の素です。

 

にんにくしょうがココナッツオイル氷を作ってみた

以下、詳しいレシピは認知症を防ぐ、やせる、美肌になる!『ココナッツオイル氷』より。早速作ってみました

分量

  • ココナッツオイル 80g
  • にんにく2かけ、しょうがはにんにくと同量

 

作り方

  1. 野菜をみじん切りにする。
  2. 子鍋ににんにくしょうが、ココナッツオイルを入れて中火にかけてオイルを溶かします。
    ココナッツオイルのほのかな香りとにんにくの香りが思いの他合ってとてもおいしそうな香りです。
    IMG_0540
  3.  

  4. にんにくの香りがしてきたら、火から下ろして荒熱がとれるまで冷まします。
  5. 保冷袋に入れて凍らせます。

 
*凍ったら冷凍庫で保存して3ケ月以内に食べきる。

 

使い方

1日大さじ1~2杯を料理に入れて使います。
使い方はにんにくやしょうがを使った香味ペーストと同様です。

ポキっと折って、鍋やフライパンに直接入れて炒め油として使ったり、スープにパッと加えて味出しにしたり。加熱して酵素はなくなっても酸化しにくいので身体にもいいです。

大さじ1杯で、エネルギー77kcal  糖質0.5g の栄養になります。

 

普通の野菜炒めの油の代わりに【しょうがにんにくココナッツオイル氷】を使うだけで手軽に美味しくエスニック料理を楽しめそうです。
ちょっとした中華の素のような使い方ができると思います。
工夫しだいで、料理の油のかわりに使えば、ココナッツオイルの有効成分もとれるし、しょうがとにんにくで風味もだせる。
これは、かなり使いやすい方法だと思います。

 


 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
紹介CP

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。